大きくする 標準 小さくする

espirito-f     2009/12

<<前へ

2009蹴り納め!

[アビ風呂] 投稿日時:2009/12/29(火) 23:37

本日を持って渕野辺サッカー部2009の活動を終了しました。


三年が引退してから約2ヶ月。

苦しさと悔しさを隠せずに毎日過ごし、毎日それと戦っていたように思う。



明日から高校サッカー選手権が開幕します。
来年の今頃、今年のように苦しさと悔しさと戦っているのか、それとも、笑顔で国立を歩いているのか・・・・・・・・・・・。

夢はすぐそこに存在する、本当に手にしたいのならソレ相応の覚悟と行動が必要だ。




選手達よ、お前達に覚悟はあるか?


オレは覚悟決めてるぞ。


ゆっくり休んでしっかり考えろ!



本当の【喜び】  や 【楽しさ】を知るには勝つ以外ない。

勝って得るものの大きさを知れ!!!!


2009お疲れさま。








でもな、


帰る間際に林さんが叫んだんだ・・・・・・

【ワシの靴がないやないか~~~~~】
【ワシの靴どこやった~~~????】





もしかして・・・・・・・・(笑)





選手の皆さん、スタッフ部屋前にあった、デカいビニール捨てたの誰ですか(笑)!!??

いくら大掃除してたからって、ビニール=捨てるって発想はダメだろ!!!!!




って事で年内最後の不祥事発生です(笑)


【スタッフの靴を捨てる】
これは全スタッフへの挑戦状と受け取ります(笑)

しかも林さんのって・・・・・(笑)






みんな、2010・1/5   覚悟しな!!!

 

エンスト? バッテリー?  からの人身事故??

投稿日時:2009/12/28(月) 23:57

本日の練習終わり、センタリングと中の合わせの練習を1時間。

右レインボーは、世界一軍手が似合う鹿野と氏家。

左レインボーは、ミニゴリラ・りりー と 千葉。

中の合わせは、イケメン平井と そのイケメン顔をいかつくさせようと日々企んでる安彦。

 

 

 

 

 

1時間の戦いを経て、グランド整備のため軽トラを操縦。

 

事件は三周目だった。

 

 

 

 

軽トラがバッコンバッコンなり始めて、操縦不能に・・・。

 

運転手アビコは 【メーデーメーデー】 を連呼。

 

 

 

停止後何度トライしてもラグビーのように結果は出ず、敗戦。

しょうがないから皆で押すことに。     どっかの砂浜で見たことある光景(笑)

ここでいいな!

 

 

 

 

無事運び終え、明日監督に任せることに。

真ん中のマサルは、足が内股すぎて絡まってたらしくその辺にいたから手伝わせました。

 

ちなみにマサルの顔の横に写ってるのは千葉の顔で心霊写真ではありません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

明日で年内の部活はラスト、最後頑張ろうな!  なんて言いながら帰ろうとしたその瞬間っ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

か、鹿野っ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイドブレーキをかけなかった俺が悪いんだ・・・・・・・・・・・・・・・・許してくれ。

 

止まっていたはずの軽トラは、引き寄せられるかのように鹿野の元へ一直線!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【危ないっ】  を言う時間も無く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫か~~~~~~~~~~(笑)!!!????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せ、先生・・・・・・         ※鹿野はサッカー部で唯一オレを先生と呼ぶ貴重な男だった。

 

 

安彦:  なんだ、最後に言いたい事があるのか?

 

 

 

 

 

 

 

鹿野:  犯人捕まえてくださいね・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

安彦:  わかった、必ず見つけてやる(男の約束)

 

 

鹿野:  ありがとうございます。             

                        パタッ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数時間後、犯人確保の連絡が入る。

 

 

安彦:  鹿野、約束は果たしたぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お兄ちゃんのノーモーションパンチ事件。

投稿日時:2009/12/28(月) 23:41

二次会も終わり、三次会に向け、綺麗な街並みを歩く。

 

 

 

すると、綺麗な街並みからは聞こえそうに無いような奇声が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・貴久だ。

 

 

 

 

どうやら、お兄ちゃんのノーモーションパンチを食らったらしい(何故食らったか?、理由なんて無い。でもそこに愛情があるのは事実。)       意味わからん(笑)

 

 

 

 

 

そして、お兄ちゃんのノーモーションパンチがデジタルですら防御できないことを証明した。

それがこれだ      1・2・3!

 

 

 

 

 

貴久のスーツの内ポケットに入ってたデジカメの液晶部分の損傷、またの名を破壊、破滅・・・・・・・。

 

 

 

 

 

信じられない。      デジタルはガードが固くて有名なのに・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがお兄ちゃんのノーモーションパンチや!!!!!

 

 

 

 

貴久、弁償するから請求書回して(涙)

 

 

 

祝!!  林 一章

投稿日時:2009/12/28(月) 23:15

昨日12月27日、我らの守護神 【林一章】 が結婚式を挙げた!!!!!!!!!!

 

言葉はいらない、画像満載でお楽しみください

 

 

挙式スタート!!

 

指輪交換!!

 

 

 

式が始まってドアが開いた瞬間、林さんがめっちゃ笑顔だったので、場内笑いの渦(笑)    のシーンを撮り損ねたのがのが唯一の後悔。

 

 

 

 

 

披露宴スタート!!

 

 

 

 

新婦をいやらしい目で見る林さん

 

 

 

 

 

ケーキ入刀!!!!!!!

 

 

 

 

 

最後の新郎挨拶の前に、林さんがこう言った。

 

 

【この場をかりて一番大切な人に手紙を読みたい】  と。

 

 

 

 

最高の言葉でした。普通に聞いたら恥ずかしくなるくらいの言葉でした。

でも、そこに 『気持ち』 が入ってるから

凄く暖かくて心打つ言葉になるんだろう。

 

 

 

 

さすが 林さん。としか言いようが無い。

 

そのシーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高の結婚式でした。

幸せにしてあげてください。

そして 幸せになってください。

 

 

 

 

尊敬している男 【林 一章】          これからもよろしくお願いします。

 

 

プライド。

投稿日時:2009/12/25(金) 23:09

今日、ダウン後の話で、千葉が言った。

 

 

 

【母校を汚されたら腹が立つ】

 

 

 

 

 

 

 

泣きそうになった。     わけあってヒートアップしてたので尚更のこと胸に響いた。

 

 

 

オレや、千葉や直登、今井、貴久は顧問じゃない。ただのコーチだ。

だから軽く見られてるのか・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

結局考えることが出来ないから、そのとき感じた気持ちのままにしか行動できない。

 

いったい何歳からが大人なんだ?  世間一般の【大人】までもうすぐなのに・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

俺たちにはプライドがある。

絶対に譲れないプライドがある。

なかったら指導なんてしてない。

 

 

 

 

 

渕野辺を愛してない奴は絶対に許さない。

 

«前へ

<< 2009年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31